和田光司オフィシャルサイト−光司広場III−

和田光司オフィシャルサイト−光司広場III−

東京の母へ

昨年ぐらいから、その人を思うと何故か胸騒ぎするというか、何か嫌な予感みたいなものを感じていた。

連絡を取らなくなって5年ほど経つのかな。

今になってふと、元気ですかのメールを送った。

すぐにエラーメールで返ってきた。
そのアドレスは今はもう使われていなかった。

増す増す嫌な予感が大きくなる。

共通の友人にメールを送った。

久しぶりの近況報告と共に返事が返ってきた。ある意味、ホッとした。

しかし、返事の後半にそれは書かれていた。

「昨年夏に、○○さんが亡くなりました。」

何ヶ月も経って知る訃報は、やはり切なく、やり切れない気持ちになった。

あの時の胸騒ぎは、その知らせだったのかもしれない。

ゴメンね、すぐ、あなたの傍に行ってあげられなくて。

あなたと出会ってから22年。

僕がまだ20歳ぐらいだったかな。上京してすぐぐらいに出会った。

それから東京の母と呼ばせてもらった人。

いっぱい相談に乗ってもらった。
いっぱい安心をもらった。
いっぱい笑いをもらった。
いっぱい楽しさをもらった。
いっぱい未来への力をもらった。

また、もらいっぱなしになっちゃった。

その人はね、タロット占いを仕事でされてた。

一度だけ、僕も占ってもらった事がある。

その時に言われた言葉は、それからの励みとなり力となり、今も、そしてこれからも、ずっと消える事なく心に刻み込まれてる。

そのたった一度のタロット占いの後に言われた言葉は・・・

「あなたは、歌手になる為に生まれてきました。」

デビューする4~5年前の時だった。

本当に嬉しい言葉だった。

どうすれば恩返しができるかな?

やっぱり届けるしかないな。東京の母と呼ばせてもらったあなたの元へ、僕の歌を。

病を理由に立ち止まってるわけにはいかない。弱音を吐いてるわけにはいかない。

あなたの元へもう一度、いや、何度でも歌を届けられるように、僕はこの歩みを止めない。

もう少し、もう少し待ってて。

最高の歌のプレゼントを届けるから。

うるさいって迷惑がられても届けるからね(笑)

必ず届けるからね。

その日を待っててね。

東京のお母ちゃん。

光司より。

 2016.2.26 18:59コメント(0)

小説

民王何年かぶりに、小説を一冊読み切りました。

何故だか買いたくなって、何気に買ってきた本でした。

それが読みたいとか、そういう思いはなく何気に手に取り、何気に読み始めた小説。

だけど、すぐにその小説の世界に入ってましたね(笑)

とても良かった。

読んでる間は、現実世界とは違い、その小説のもう一つの世界の中に誘ってくれる。違う世界を楽しめるって、とても不思議な感覚で心地よいですね。

だからこそ、読み終わりに近づくにつれて、ちょっと寂しくなってくる(笑)

これがキッカケとなり、たまには小説を読むというのは、いい事ですね。

さぁ、次は何を読み、どんな世界へと誘われるのか・・・

楽しみです。

 2016.2.19 17:13コメント(1)

受験シーズン

世間では、受験は大体終えたのかな?

あの緊張感はかなり嫌なものがありますね(笑)

僕は高校受験しか味わった事がないけど、今の時代は、早ければ幼稚園から受験は始まる。

親もだけど、本当に大変だと思う。

一応、僕も受験前は猛勉強した。

受験前、1ヶ月だけね(笑)

だけどみんなは、準備や勉強に費やしてきた時間が半端じゃないと想像する。

よく今まで頑張ってきましたね。
本当にすごい事だよ。

もちろん、合格する事が一番の理想だと思います。
その為にやってきたのだから。

だけど、これから長く続く人生の中で今回の出来事は、どちらにせよ一通過点に過ぎないとも言える。

それがすべてじゃないから、あまり心を擦り減らさず、気を張りすぎず、今を極力平常心で歩いて行ってくれればなと思います。

僕の身勝手な思いかもしれないけど、年齢を重ねて今、そう思うんです。

だけど、それはそうとして、もちろん、やれる事はやっておきたいね。

積み重ねてきた力をすべて出して。そうすれば、その先には必ず何かが待ってる。

応援してるよ。

まぁ、とりあえずはコーヒーでも飲んで、フ~っと肩の力抜き、息を吐き、心を落ち着かせましょう。

そして、新たな世界へ・・・思いっきり飛び込んでゆけ!!

 2016.2.13 00:13コメント(1)

Seven ~tri.Version~ 2016年3月30日 発売!!

『 みんなと一緒に旅をしなかったら・・・僕たちは、今の僕たちじゃなかった。仲間がいてくれたから・・・助け合う大切さを知ったから・・・俺たちは、自分らしくいられたんだ。 』

デジモンアドベンチャー最終回からの言葉。

そう言われるとまた、最終回を観たくなるでしょう(笑)

仲間という大切さ、本当に素晴らしいと思います。

そんな仲間がいるっていいですね。

僕にも仲間がいる。

僕だけが、思っているだけかもしれないけど(笑)

僕の大切な仲間である宮崎歩さん、AiMさんがSevenに新たにコーラスを吹き込んでくれた。

そして、tri.Versionとして新たに生まれ変わったSeven。

2016年3月12日に劇場上映が開始されるデジモンアドベンチャーtri.第2章「決意」と共に熱く興奮し、時に懐かしさに浸りながらも、新たな物語と一緒に楽しんでもらえたらと思います。

デジモンアドベンチャーtri.第2章「決意」ED

Seven ~tri.Version~ 2016年3月30日 発売!

是非、その手に取り、Seven ~tri.Version~その胸に、新たな鼓動を感じてください。

 2016.2.5 07:30コメント(2)

誕生日

2016年1月29日で、42歳になりました。

毎年、祝いの言葉、応援メッセージをくれるみなさんに本当に感謝です。ありがとう。

ウギャーって産声を上げてから、もう42年か・・・なんて思いながら。

履く靴が大きくなったり、苦かったコーヒーが飲めるようになったり、年齢を重ねていく度に、いろんな事が出来るようになっていく。

まだまだ、出来るようになる事はいっぱいあるはず。まだまだ、覚える事も、やるべき事も。

とにかく、42歳を迎える事ができた。

感謝です。

歳をとっていくから誕生日は嫌だ、なんてよく聞いたりもするけど、それも分かるけど(笑)
まずは、この世に生を受けた事自体に感謝しないといけないって思う。

そして誕生日は、もちろん自分を祝ってもらう事も一つ。だけど、僕にとっての誕生日って、お腹を痛めて、一生懸命産んでくれた母親への感謝の日。

産んでくれて、ありがとう。

 2016.1.29 07:09コメント(7)

12345...10...