和田光司オフィシャルサイト−光司広場III−

和田光司オフィシャルサイト−光司広場III−

食事療法

最近、身体の為に食事を改善する事にしました。

書店に行って、食事療法の本を読んでみると、なるほどな、と思わせられる事が沢山書いてある。

そして、隣に置いてあった別の食事療法の本も読んでみると、今度はまったく別の事が書かれている。

また違う食事療法の本を読んでみると、またまた違う事が書かれている。

困ったな。。。

ガンという病気に関してね。

肉が良いと書いてある本もあれば、肉は絶対ダメと書いてある本もある。

糖質は極力避けてと書いてあれば、別の本では糖質の制限はなかったり。項目にも入ってこなかったりする。

本によって、そして書く人によって内容は驚くほど様々。

そのほとんどの著者は、お医者さん。
だから、説得力はある。

だけど、それはすべての本の内容が一致していればの話。

それぞれのお医者さんは、それぞれの知識と経験とデータなどを元に書いてると思う。

そのお医者さんの解釈だったり、願いを含めた思いだったり、もちろん理論上だったり。

だけど、選択する方からすると何が正しくて、何が悪いのか、いろんな本を読めば読むほど、ネットで情報を見れば見るほど分からなくなる。

結局、行き着くところは、いろんな情報の中で「自分は何を選択するのか?」

別に一つの本ややり方に絞らなくてもいいと思う。いろんな本やネットなどの情報で自分がいいと思ったものだけを取り入れていくのもいいと思う。

それが一つの「正しい」という選択だと思う。僕はね。
もしも途中、気になる事があれば、その都度、内容を見直したりして修正していけばいい。

迷い続けて、先に進めないのはちょっともったいない。

出来る事なら、迷い進み、また迷い進み、頑丈な基盤を築いていけたらいいな。

理想はね。

理想どおりにいかないのもまた人生だけど、理想を描く事は成功させる「力」になる。

その力を出来るだけ保ち、大きくしたいものですね。

そう思うと、人生は選択の連続なんですね。

例えば、少し調子が悪くて今日、学校や仕事に行くかどうかを迷う。その選択次第では後に起こる出来事が違ったり。
目的地に早く行く、行かないで何かが変わったり。

気づかないだけで、本当は毎日、誰もが沢山の選択をしてる。

時に、重く苦しい選択を迫られる事だってある。

何も自分一人で答えを導かなくてはいけないというわけじゃない。

迷い分からないのであれば、誰かに話し相談してみればいい。

暗い夜に考えるより、陽射し溢れる朝に考えた方がいいかもしれない。

それも様々だけど、とにかく自分一人で抱え込まないようにしないとね。

重い選択に迫られ辛く苦しい時、そんな時は必ず、力になってくれる人が近くにいる。

無理と決めつけないで、まずは相談してみよう。

僕も、あなたもね。

さぁ、今日はどんな選択が待っているんでしょうか。

出来れば、いつもワクワクする楽しい選択をしたいものですね。

そんな日の為に・・・

さて、今日も一日、理想を重ねていきましょうか。

 2015.11.10 14:48コメント(4)

“食事療法” への4件のフィードバック

  1. eiken より:

    小学校一年のときからデジモンにはまり
    16年前から応援しています。

    復帰された矢先、再発と聞いたときは
    驚き、ショックを受けました。

    食事療法、色々あるんですね…。
    「知れば知るほど」というのは
    色んな物事に当てはまると
    僕も思います。
    選択の連続というのも、
    すごく共感しました。

    僕は今年、漫画家になる為上京しました。
    まだまだですが、一応担当者もおり、
    これから連載を目指そうかという
    位置に立っています。

    実現するかどうかも分からないし
    まだ妄想としか言えない話なのですが、
    もしアニメとかになったら、
    和田さんに歌をつけて貰いたいというのが
    僕の昔からの夢のひとつです。

    安易に「治療、頑張ってください」
    と言うのは気が引けるのですが、
    とにかく、また復帰されるのを
    心待ちにしています。

  2. ミオ より:

    和田さん、こんにちは☆
    食事療法などの健康本って沢山あるけど、書いてある内容が本によって違って、ホント困りますね……。
    私が読んだのだと「首の後ろを押せば病気が治る」と書いてあったかと思えば別の本で「首の後ろを押すと病気が悪化する」って書いてあって、「ええ、どっちなの??」って思いました。
    自分が得た情報で、何を得て行動するか、最終的に決めるのは自分ですね。

    はい、自分が楽しくなる選択をして行きたいです☆
    誰かに相談するっていう選択肢、私は忘れがちなので、自分一人で抱え込まないように出来たらなあって思います。

    私は和田さんの言葉でしょっちゅう励まされています。
    私もずっと、和田さんの幸せを願ってます☆

  3. はじめまして! より:

    初めまして!私は45歳の地元で建築業を営みながら、アマチュア俳優を27年やっております。私も上咽頭がんが見つかりました。ステージ1でした。正直ショックが最初は強かったんですがv、今だいぶ落ち着いてきました。放射線は来年早々になる予定です。和田さんの存在を病気になって初めて知りました。私はアマチュアですが、演じることが3度の飯より好きな私にとって、和田さんの存在はとっても心強く、私も負けてはだめだと強く励まされました。いつか、お会いできるように私もガンバリマス!!

  4. Eri より:

    初めまして、こんばんは。
    デジモンアドベンチャーtriを本日見て参りました。Opの和田さんの歌で、序盤から涙が止まりませんでした。ありがとうございます。
    これからも新たな進化した和田さんの歌声をお聞かせください。
    今までもこれからもずっと応援しています。

Eri にコメントする